軽自動車

最近の軽自動車は本当に高いのか?

最近「連呼」されるのが、『最近の軽自動車は高い』ということです。

 

中には200万円もするんだよ!っていわれていますね。

 

しかし200万円の軽自動車をあなたは見たことがありますか?

 

売っていないですよね。そうそう200万円には到達しませんよ。

 

確かに150万円以上の軽自動車にオプションを乗っけて、諸経費込みの総額で出せば、200万円前後までいきますけども。

 

ですから200万円!高い!というのはちょっと大袈裟な話です。

 

実際の軽自動車の価格は?

軽自動車は実用性重視ですから、装飾品とかは一切要らないですよね。

 

そういうことでほぼ素で買うことをおすすめします。

 

後はグレードですが、安全機能が付いているような中ぐらいのグレード選びで良いでしょう。

 

そうなると大体ですが、100万円台前半ですね。
総額でも150万円もしないでしょう。

 

そのくらいの軽自動車で充分ですよね。

 

どうしてそれ以上望むのでしょうか。別に走ったらいいんですよ(笑)

 

新しい車でしょうから、別に高いグレードじゃなくても問題有りません。

 

軽自動車の良さを上げる

軽自動車の良さって何か

 

わたしが思うのはまずお約束ですが、税金が安いということです。

 

税金が今1万円くらいですね。自動車税です。

 

自動車税はピンきりで普通車の最高排気量になると年に10万円以上取られるんですよ!

 

一般的な自動車でも3〜5万円と高額です。これが毎年掛かるなんて頭に来ますね!!!

 

そういうことで軽自動車は税額が上がったのですが、まだまだ有利です。

 

ちなみに自動車税はあなたの地域の自治体の収入になっています。

 

まあ地方の道路に使ってるのかなとか思いますよね、それは違います。

 

用途は不明ですし、単に地方自治体の貴重な税収になっていて、地方公務員の給料になっているんでしょう(笑)

 

何かイラツイてきましたか?

 

でも本当なんです。ちなみに自動車関係の税金は国レベルでいうと税収100兆円あるとしたらすでに8兆円超えていて1割に到達しようとしています。

 

あなたの自動車関係の税金が国を支えています!

 

しかも用途は不明!!

 

多分、増額された公務員の給料に回っているのでは?そう思います。

 

だって自治体サービスも特に変わってないですよね。

 

役所が新しくなっても私達には一切メリットがありません。

 

だから軽自動車だ

軽自動車の良さはそういう無駄な税金を払わなくていいことです。

 

燃費も良いのでガソリン税も払わなくて済みます。

 

軽自動車は車体がかるいため普通車よりも燃費が良いです。

 

プリウスとどちらが良いかと言えば…、それは軽自動車である場合もありますね。

 

やっぱり軽いので車種によっては良いです。

 

ちなみにカタログ燃費はプリウスが40キロとか言ってますがそんなにありません。
軽自動車でも同様です。

 

乗る人によって違う、また車種によって大きく違うということはあります。

 

プリウスなんかのハイブリッド車はカタログ燃費と実際がかなり違いますが、全く問題にされませんよね。

 

燃費偽装問題とか言っても僅差だったようです。

 

ぶっちゃけ三菱よりトヨタのハイブリッド車の方がカタログ燃費の乖離は大きいですからすっげえ変だよなって日本人で自動車に乗っている人の半分は思っています。

 

でもマスコミが何もいわないのはトヨタ様から金貰ってるからですね。

 

スポンサー様に楯突くなんて不可能ですし、それが大人の世界だなんていうことで三菱だけぶっ叩かれています。

 

意味不明ですね。

 

最後にPR記事

車を売るなら車買取 富山で考えてみましょう!

 

車は下取りだけは損なので考え直した方がいいですね。

 

車買取 福島もおすすめです。

 

損は避けることが一番です。